教材・講座

クレアール行政書士講座の評判・口コミは? クレアールの内容を徹底分析!【2022年向け最新版】

クレアール行政書士講座の評判・口コミ

この記事では、クレアールの行政書士通信講座について確認します。

クレアールは歴史の長い資格スクールで1969年に開設し、以降53年にも渡り、資格講座の受験指導をしています。

クレアール行政書士通信講座ですが、「非常識合格法」というオリジナルの最短合格勉強法が注目されているのだとか。

果たして、どのような勉強法なのか?ご一緒にチェックして行きましょう。

なお、行政書士試験における「最短勉強法」について、難関資格の通信予備校のクレアールが、受験ノウハウ本(市販の書籍)を無料【タダ】でプレゼント中です。

無料【タダ】ですので、入手しないと損ですよ。

=>クレアール 行政書士試験攻略本(市販のノウハウ書籍)のプレゼントはこちら
.

クレアールの行政書士通信講座について

長い歴史を持つクレアール。以前は通学メインの予備校でしたが、現在は通信講座、なかでも講義動画をオンライン配信するWeb講座を中心に展開しています。

クレアールの中でも行政書士講座は人気講座の1つで、まずはその特徴やおすすめポイントを以下にまとめてみました。

・合格に必要な範囲だけを学習する「非常識合格法」

・「非常式合格法」の考えを元に作られたオリジナルテキストで講義と完全リンク

マルチデバイスに対応した学習システム

・業界でも有名なベテラン講師3名体制による分かりやすい講義

通信講座なのに対面カウンセリングも可能! 大手スクール並みのサポート体制

・2021年クレアール受講生の合格者は105名

クレアールの行政書士通信講座は、以上のようなポイントがありながら、かなりコストパフォーマンスの高い受講料を実現しています。

それぞれのポイントについて、1つずつ確認していきましょう。

クレアール行政書士講座「非常識合格法」の詳細

行政書士試験は60%を確保すれば、必ず合格できる試験です(分野別の足切りはありますが)。

得点で言えば、300点満点中の60%=180点間違いなく合格です。この点が、宅建試験や社労士試験のような競争試験との大きな違いです。

180点以上の獲得を、初心者でも最短で実現するために考えたのが、行政書士講座の「非常識合格法」です。

<クレアール行政書士講座 5つの合格戦略>

  1. 正答率40%以上の問題に絞り込んで勉強すれば、200点程度とれる
  2. 法令科目出題の8割を占める憲法・民法・行政法に集中
  3. 選択式・記述式も捨てない
  4. 商法・会社法は程々に
  5. 一般知識は取れる問題を確実に

クレアールの「非常識合格法」では、上記5つのポイントを軸に、一般的な学習範囲よりもさらに絞った合格必要得点範囲を学習します。

「非常式合格法」の考えを元に作られたオリジナルテキスト

クレアールでは、「非常識合格法』の考えを基に平成18年からの試験データ、分析を徹底的に行い、そのノウハウを蓄積・集約したオリジナルテキストを開発しています。

クレアール「非常識合格法」の考え方から「テキスト」「過去問&判例」「条文」の一体化を図り、最短時間で知識の完全定着ができる学習教材になっています。

テキストの全体像は以下のとおりです(すべてオリジナルテキスト)

  • 新マルチパステキスト
  • 新・論点別過去問題集
  • 単元別講義
  • 記述マスターテキスト
  • 重要過去問攻略講義テキスト
  • 肢別論点マスター講義テキスト
  • 総まとめコンプリーションテキスト
  • 科目別パーフェクト答練
  • 解きまくり総合答練
  • 公開模擬試験

このように充実した教材群となっています。上記のうち、中核となる「新マルチパステキスト」の特徴は以下。

新マルチパステキストの特徴

科目別の合格必要得点範囲を、学習のチャプターに再分類したテキスト(2色刷り)です。

行政書士試験に本当に必要な知識だけが凝縮されており、動画講義や過去問題集とマルチでつながる基本テキストです。

各チャプターは、そこで学ぶべき中心テーマを明示した上で、①基本解説・判例確認(=判例知識)、②用語解説、③ポイント整理(チャート)、の3つの項目で構成しています。

PDF版も配信し、スマホでも閲覧することができます。

※管理人としては、内容は申し分ないと思うのですが、「二色刷りよりフルカラーの方が良かった」という気もしています。

クレアール行政書士通信講座のマルチデバイス対応・学習スタイル

クレアール行政書士講座は、以下のように様々なデバイスで利用できます

※以下、クレアール公式ページより引用

Windowsパソコンはもちろん、Macパソコン、Androidスマートフォンやタブレット、iPhone、iPad、iPodtouchでも全ての講義を受講可能です。

すべてのデバイスでの視聴に追加料金はかかりませんし、Windows、Mac、iOSでは、最大2倍速の高速再生もできますので、講義視聴時間を大幅に短縮できます。

参考:https://www.crear-ac.co.jp/gyousei/column/style/

ありがたい機能ではあるのですが、現在では、どこのオンライン講座でも標準機能のため、セールスポイントにはなりにくいかも知れません。

クレアール行政書士通信講座の講師について

クレアールの講義は、行政書士試験業界でも著名な杉田徹講師と竹原健講師の2人体制で努めます(その他、サポート専任の講師として玉村一博講師もフォローします)。

2人とも“行政書士宅建受験界の合格請負人”として、講師以外にも書籍の執筆もしているなど、現役の行政書士としても一流。

また、長年行政書士受験界の一線で活動してきており、多くの受講生から「講義の分かりやすさ」について高い評価を得ています。

特に、メインとなる杉田講師は滑舌もよく、情熱的な語り口のなかに時折冗談を混ぜたり、メリハリをつけて重要事項を目立たせるなど、受講生にとって有り互い、スムーズに理解が進むような講義をされています。

クレアール行政書士通信講座のサポート体制は?

クレアールのサポート体制は以下のとおりです。

  • Eメール/質問用紙による質問フォローを回数無制限で対応
  • スマホ対応のオンライン講座なのに添削指導もある
  • スキマ時間に活用できるWeb問題集や記述論点集Web100選など充実のeラーニングシステム
  • YouTubeやtwitterで最新の情報を発信

補足しますと、低価格なオンライン講座なのに添削指導まであるのは驚きです。他社では聞いたことがありません。

また、eラーニングシステムも充実しており、上記の他、音声テキストまで利用可能です。

低価格な通信講座にも関わらず、大手資格スクール並みのサポート体制といえるでしょう。

クレアール 行政書士通信講座 各コースの内容と受講料

クレアールの行政書士通信講座には、様々なパックコースと単科コースがありますが、ここではお得なパックコースを4コースほど紹介します。

【2022年合格目標】スピードマスターSコース

行政書士「非常識合格法」提唱者の竹原健先生が主任講師を務めるコースで、超効率的に短期合格を目指します。

  • 「重要論点マスター講義」
  • 「肢別論点マスター講義」
  • 「記述マスター講義」

上記3つの講義を軸に、重要論点や合格に必須な知識を効率的にインプット、続いて問題演習のアウトプット学習により、知識の定着をスピーディーに進めます。

もちろん、記述式対策も抜かりなく、合格必要得点範囲を確実に抑えます。結果的に、短期間かつ最小限の労力での合格が実現できます。

標準価格は 108,800円 ですが、2022年6月末までは38,080円となっています。

※このように、クレアール行政書士講座の特徴として、定価は高いものの時期による割引が非常に大きいことが挙げられます。クレアールの講座を申し込む際には割引キャンペーンが適用できるかどうか、必ず確認してください(そのためにも、まずは資料請求することをおすすめします)。

=>クレアール 行政書士試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

 

【2022・2023年合格目標】 スピードマスター2年セーフティSコース

初学者におススメのスピードマスターSコースにセーフティプランを加え、2022および2023年合計2回の受験機会に対応。安心保証型のコースとなっています。

2022年試験が万が一の結果に終わってしまっても、「2023年目標最新中上級コース」を受講することができます。

なお、セーフティコースをお申し込みの方で、2022年行政書士試験に合格した場合には、2023年目標の受講料全額(20,000円相当)が返金されます。費用がムダになることはありません。

標準価格は 172,000円ですが、2022年6月末までは 60,200円となっています。

※こちらのコースにおいても、申し込む際には割引キャンペーンが適用できるかどうか、必ず確認してください(そのためにも、まずは資料請求することをおすすめします)。

【2022年合格目標】カレッジコース

初めて行政書士試験を目指す方が、無理のないスケジュールによって、自分のペースで学習を進めながら効率的に学び、確かな合格力を養成できるコースです。

まずは単元別の基本講座で基礎知識を磨き、その後は記述対策や応用へと進んでいきます。

基本講義は早めに消化できるように学習を進め、合格に必要な知識を確実に押さえ、問題演習で応用力を養成していきます。

杉田講師の理解しやすい講義で「法律の学習が初めての方でも」しっかりと基礎力を構築することが可能。

必要な部分に集中&反復演習で取り組めるコースです。

標準価格は 169,000円ですが、2022年6月末まで 59,150円となっています。

【2022・2023年合格目標】カレッジセーフティコース

2022年合格目標【基本講義一括配信型】カレッジコースの内容に加え、万が一、初年度に試験に落ちた際には、重要論点マスター講義を始めとする「2023年合格目標 中級コース」を受講できるコースです。

標準価格は230,000円 ですが、2022年6月末まで80,500円となっています。

こちらのコースでも、2022年本試験に合格された場合、翌年度カリキュラムの未受講分20,000円が返金されます。

教育訓練給付制度

教育訓練給付制度では、一定の条件をクリアして手続きをした方に限り、受講料の20%をハローワークから支給してもらうことができます。

給付対象になりそうな方は、「自分が選ぶコースが教育訓練給付制度」の対象であるかどうか、公式サイトでチェックするようにしてください。

合格お祝い金 20,000円がもらえる!

ここで説明した4つのコースはいずれも、合格お祝い金の対象コースです。

これらのコースを受講された方が2022年の行政書士本試験に合格され、合格体験記などの執筆をした場合、「合格お祝い金」が2万円もらえます。

セーフティコースでは【受験料クレアール負担】

2022年度のの行政書士本試験に限り、受験料をクレアールに負担してもらえます。

【対象コース】●スピードマスター2年セーフティSコース●カレッジセーフティコース

【未受講分返金制度】

セーフティコースをお申し込み、2022年本試験に合格された場合、翌年度カリキュラムの未受講分20,000円が返金されます。

【対象コース】●スピードマスター2年セーフティSコース●カレッジセーフティコース

クレアールと他社との受講料の比較

他社の行政書士講座と比べてどれくらい安いのか、実際にクレアールと他社の行政書士通信講座の受講料とを比較をします。

スクール(企業) 講座/コース 受講料
スタディング 合格コース 49,500円
フォーサイト バリューセット1 54,800円
クレアール 合格コース 200,000円(キャンペーン中は50,500円)
ユーキャン 行政書士講座 63,000円
アガルート 入門総合ライトカリキュラム 160,160円
TAC プレミアム本科生 189,000円
伊藤塾 合格コース本科生 228,000円

上記のように、主要な行政書士通信講座の費用は4万円~20万円以上と幅があります。

クレアールは標準価格は高額ですが、キャンペーン価格の適用時に購入できれば、もっともコストパフォーマンスの高い講座であることは一目瞭然でしょう。

クレアールのキャンペーン時と同価格帯のスタディングフォーサイトと比べても、クレアールの内容は引けを取りません。

ただし、冊子版のフルカラーテキストが付属するのはフォーサイトだけですので、フルカラーテキストにこだわる方は、フォーサイトもチェックしてみてください(クレアールは2色刷り、スタディングはPDFテキストが付属で刷新版はオプション)。

フォーサイト行政書士
フォーサイト行政書士 通信講座の評判・口コミは?合格者が徹底レビュー!【2023年最新版】高い合格率と低価格で人気のフォーサイト行政書士講座の評判・口コミを合格者が徹底的に分析! 講義動画、テキスト、問題集、eラーニングなどの評判・口コミが本当に正しいのか、徹底検証しています。...

 

クレアールの口コミや評判はどう?

ここでは、クレアールの行政書士の通信講座を利用した人の口コミや評判の情報をまとめてみました。

クレアールの良い口コミや評判

・転職活動中に宅建資格を持っていると話すと、「行政書士の資格を取ればウチでも使える」と面接官に言われたことがきっかけで通信講座を利用しました。クレアールは本当に好きな場所で好きな時間に動画による講義を受けられるので便利です。

・クレアールは講師やスタッフが勉強しやすい環境を熱心に作ってくれる通信講座です。半年間くらいで無事に行政書士の試験に合格できましたので、クレアールを利用して正解でした。

・難しい試験でしたが、クレアールの独自の非常識学習法で行政書士の試験に合格できました。難しい問題が出題される試験対策も徹底してくれるため、独学よりも合格に近づくのは間違いないですよ。

クレアールの悪い口コミや評判

・担当講師の授業が特別良いのかどうかは、正直なところ私にはわかりません。理解しやすいのかどうかは個人差がありますので、最初に資料請求でサンプル講義DVDをもらった方が良いですね。

・いざクレアールで学習してみると、自分で参考書と問題集を買ってやっても同じだと感じてきました。経験者ではなく初学者向けの行政書士の通信講座なのかもしれません。

クレアールの評価やレビューをまとめてみた

クレアールの通信講座は、何と言っても資料請求で無料の「行政書士試験 最短最速非常識合格法」をもらえるのが魅力的です。

期間や人数には限りがありますが、学習の内容が充実していますので、通信講座を利用しない人でも貰っておいて損はありません。

また、クレアールの行政書士通信講座は定価が高く設定されている代わりに、キャンペーンで大幅値引きをしてくれます。

例えば、初学者向けの「2022年合格目標 カレッジコース」の定価は169,000円ですが、キャンペーン期間中は何と57,460円です。

お得な価格で行政書士の通信講座を受講できますので、キャンペーン期間を狙ってクレアールを利用してみてください。

まとめ

クレアールの行政書士の通信講座は、学習方法やサポート体制に拘った実績のあるサービスです。

法律の知識のない初学者でも、非常識合格法で短期合格を目指せます。

実際に受講した人の口コミや評判も良いので、「短期間で通信講座を利用して行政書士の試験に合格したい」という方は、まずはクレアールに資料請求を申し込んでみてください。

=>クレアール 行政書士試験攻略本(市販のノウハウ書籍)のプレゼントはこちら
.

 

この記事の監修者
氏名 西俊明
保有資格 中小企業診断士 , 宅地建物取引士 , 2級FP技能士
所属 合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション