教材・講座

ユーキャンの行政書士 通信講座 評判・口コミ・評価 まとめ!【2022年最新版】

ユーキャンの行政書士講座

 

<人気講座ランキング(上位3社)

第1位 フォーサイト5万円代フルカラーテキスト付属、全国平均3.4倍の高い合格率

第2位 スタディング高品質で業界最安価格:49,500円

第3位 アガルート業界最高合格率と合格時全額返金制度

=>行政書士の通信講座おすすめ比較ランキングの記事はこちら

 

こんにちは、トモです。

ユーキャン(U-CAN)と言えば、テレビCMで有名な通信教育専門の資格の予備校です。

今回は、そんなユーキャンの行政書士通信講座の口コミや評判についてお伝えします。

知名度もバツグンなユーキャンの行政書士講座の実情は、どうなっているのでしょうか、チェックしていきたいと思います。

なお、ユーキャンとは別の資格スクールですが、クレアールが行政書士試験の「最速勉強法」ノウハウについて、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。

無料【0円】ですので、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの行政書士通信講座に資料請求すると、市販の行政書士受験ノウハウ本無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

行政書士の受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

=>クレアール 行政書士試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

ユーキャンの行政書士講座

ユーキャン 行政書士講座の基本情報

まずは講座の基本情報をチェックしましょう。

提供会社 株式会社 ユーキャン
価格 63,000円
テキスト ガイドブック、テキスト全9冊「入門テキスト」2冊、「応用テキスト」7冊
問題集 過去問題集 4冊
添削 全8回(総合実力診断テスト1回を含む)
合格デジタルサポートパック ・デジタルテキスト
・合格ナビ動画
・音声ガイド
・Webテスト
・学習スケジュールの自動管理(進捗や課題の管理)
サポート体制 質問への対応(1日3問まで)
・試験まで6か月未満で受講開始した場合、指導サポート期間を1年延長
合格お祝い金 特になし
教育訓練給付制度 対応(一定の条件を充たした場合、お支払い金額の20%をキャッシュバック)
その他 ・模擬試験(全国統一直前模擬試験 全2回をオプションで提供)

講座内容を概観すると、必要な機能は一通り揃っている印象です。

また、ユーキャンのテキストと添削は、業界でも質が高くて有名ですから、その点も期待できます。

まずは第一印象だけですが、このようにスキのない教材・講座の作りこみが、「ユーキャン」というブランドが多くの方に支持される要因であることは間違いないでしょう。

=>ユーキャンの行政書士講座 公式ページはこちら

.

ユーキャン行政書士講座のポイント

ユーキャン行政書士講座のポイントを挙げると、以下のとおりとなります。

  • 分かりやすいテキストは、民法大改正に合わせて大幅にリニューアル対応
  • 導入マンガで親しみの沸く「入門テキスト」と丁寧な「応用テキスト
  • わかりやすく解説した「過去問題集
  • プロ講師による丁寧な合計7回の添削指導
  •  受講生専用サービスの「合格デジタルサポートパック」
  • メールや質問が実質無制限など、充実の受講指導サポート体制

上記のポイントについて、詳細に見ていきましょう。

分かりやすいテキストは、民法大改正に合わせて大幅にリニューアル対応

ユーキャン行政書士講座 テキストユーキャン行政書士講座 テキスト

ユーキャンの通信講座は、添削とともにフルカラーテキストの評判が非常に高いです。

行政書士講座においては、毎年の試験を徹底的に分析し、次の試験の傾向を予測しています。

さらに2020年民法改正に合わせ、大幅なリニューアルを実施しており、最新の内容を効率よく学べるようになっています。

導入マンガで親しみが沸く「入門テキスト」と、丁寧な「応用テキスト」

ユーキャン行政書士「入門テキスト」ユーキャン行政書士「入門テキスト」

「入門テキスト」は民法と行政法の2冊から構成されており、全くの初心者でもスムーズに取り組めるよう、各章の冒頭では4Pのストーリーマンガで学習の概要を説明。これが分りやすいと好評です。

本編においても、イラストや図表が多用され、直感的に分かりやすいフルカラーテキストとなっています。

丁寧な「応用テキスト」

ユーキャン行政書士「応用テキスト」ユーキャン行政書士「応用テキスト」

「応用テキスト」は計6。市販のテキストのような条文順ではなく、学びやすさに重点を置いてカリキュラムを作っています。

わかりやすく解説した「過去問題集」

ユーキャン行政書士 過去問題集ユーキャン行政書士 過去問題集

過去問題集は全3冊、十分な量があるので合格に必須のアウトプット演習をしっかりこなせます。また、一部の問題では解答・解説を動画で詳しく説明しています。

プロ講師による丁寧な合計7回の添削指導

ペースメーカーにもなる添削指導

添削課題は総合実力診断テストを含む全7回。学習のペースメーカーにもなります。

提出した解答はコンピュータで分析した後、経験豊富なプロ講師陣が、分かりやすく丁寧な添削を実施。受講生からは「やる気が継続できる」との声が多く寄せられています。

受講生専用サービスの「合格デジタルサポートパック」

合格デジタルサポートパック合格デジタルサポートパック

合格デジタルパックとは先進のeラーニング学習システムのことで、以下のような機能があります。

  • べての紙のテキスト・問題集の内容がデジタルテキストとして収録
  • テキストの全てのレッスンの内容が動画講義として収録(各チャプター平均6分でスキマ時間に勉強しやすい)
  • 学習スケジュールを自動で算出して調整
  • Webテストを繰り返すことにより、あなたの弱点を把握し、弱点の問題を優先的に出題

以上のような機能を、デジタルサポートパックのナビ機能により、簡単に使いこなすことができます。

メールや質問が実質無制限など、充実の受講指導サポート体制

ユーキャンの行政書士講座は長年の開講実績があります。

そのため、

  • テキストの製作
  • 日々受講生の方から寄せられる質問への回答
  • 添削課題への赤ペン指導

などを、経験豊富な40名以上の講師が全面的にサポートする体制が整っています。

また、1日に3回まで、メールや郵便で自由に質問できます。

その他、法改正や最新試験情報などをタイムリーにお知らせします。

 

ユーキャンの行政書士講座の合格率

ユーキャンでは、行政書士試験の合格率は公開していませんが、合格者数を公開しており、なんと過去10年間で2,908名もの合格者を輩出しています。

母数(ユーキャンの受講生で、行政書士試験を受験した総数)が分からないのは残念ですが、それでも、さすが大手通信教育会社だけありますね。

ユーキャンの行政書士講座の価格や値段

ユーキャンの行政書士講座の価格や値段がどのくらいなのか、以下ではまとめてみました。

一括払い:63,000円
分割払い:3,980円×16回(トータルで63,680円)

※金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
※支払い期間と標準学習期間は異なります。
※ 標準学習期間は7ヵ月 、添削回数は11回です。

大手資格予備校の通学コースは10万円以上するので、ユーキャンはそれよりは安いですが、価格を中心に考えるならば、さらにコストパフォーマンスのよいスマホ対応動画講義の通信講座もあります。

以上より、ユーキャンの講座は、行政書士講座全体の中では標準的な価格の位置づけとなります。

=>ユーキャンの行政書士講座 公式ページはこちら


.

ユーキャンの行政書士講座の口コミ・評判

「ユーキャンの行政書士講座は受講する価値があるの?」と悩む人のために、口コミや評判を紹介します。

以下は、ユーキャンのホームページに掲載されている合格者の声の一部です。

・なんと言っても、講師の方々の励ましが、折れそうな心を打ち消してくれました。講師の先生、スタッフの皆様、そして、学びーズに投稿された多くの皆様方の一言が大きな力になりました。

・添削課題はほとんどが4〜5割の得点でしたが、本試験までに間に合わせらば良いだけだ。と思い、めげずに頑張りました。
日々の繰り返し復習が鍵です。初めての勉強で分からないことが多く出来ないのが当たり前です。
諦めずに、信じて頑張ること。先生方、スタッフさんの励まし。自分は1人じゃないこと。
色々な方々の励ましのおかげで頑張れました。

ユーキャンの行政書士講座 最終評価!

ユーキャン行政書士通信講座は結局どうなの?

ここまで見たとおり、テキストと添削指導が充実しているユーキャンの行政書士通信講座ですが、果たして「お勧めできる講座」でしょうか?

管理人がもっとも気になるのは、次の1点です。

添削や質問はできるが、紙のテキスト中心で問題ないか?

ユーキャンの行政書士講座は長年の歴史があり、サポート体制も整っています。しかし、紙のテキストと添削という、旧来型の通信講座です。

もちろん、デジタルサポートバックなど進化した部分もありますが、基本は「紙」なのは間違いありません。

また、サポート体制が優れているのもユーキャンの特長です。

以上の点を言い換えるならば、

  • 他社であれば、オンライン動画講義中心で、もっと安い講座もある(ただしサポートはユーキャンに劣る)

ということです。

そこで、他社の行政書士講座と比べてどれくらいの価格帯なのか、実際にユーキャンと他社の行政書士通信講座の受講料をと比較を見てみましょう。

スクール(企業) 講座/コース 受講料
スタディング 合格コース 49,500円
フォーサイト バリューセット1 54,800円
クレアール 合格コース 200,000円(キャンペーン中は50,500円)
ユーキャン 行政書士講座 63,000円
アガルート 入門総合ライトカリキュラム 160,160円
TAC プレミアム本科生 189,000円
伊藤塾 合格コース本科生 228,000円

上記のとおり、低価格講座としては「スタディング」「フォーサイト」などが挙げられますが、いずれもオンライン講義動画が非常に充実しています。

極論すれば、

  • 低価格+オンラインをとるか、標準的な価格+紙のテキストと添削+サポートを取るか

という判断です。

あなたが「どんな機能(体制)」を、もっとも重視するのか

を明確にして、最適な通信講座を選んで欲しいと思います。

以上を考慮して考えると、ユーキャンの通信講座にマッチするのは

  • 動画講義よりも、テキストや添削中心の通信講座で学習したい
  • サポートのよい大手通信スクールの講座を、比較的手頃な価格で利用したい

という方になるでしょう。

=>ユーキャンの行政書士講座 公式ページはこちら


.

<行政書士の通信講座 人気ランキング>

  • 第1位:フォーサイト~5万円台でフルカラーテキスト付属、全国平均の3.4倍の高い合格率
  • 第2位:スタディング~安さNO.1:49,500円
  • 第3位:アガルート~業界最高の合格率と合格時全額返金制度
  • 第4位:伊藤塾~法律系資格に強い専門スクール
  • 第5位:クレアール~非常識合格法が人気

<その他の行政書士通信講座>

この記事の監修者
氏名 西俊明
保有資格 中小企業診断士 , 宅地建物取引士 , 2級FP技能士
所属 合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション