教材・講座の評判・口コミ

産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座 口コミ・評判をまとめました!

産能大 行政書士講座の口コミ・評判

こんにちは、トモです。

産業能率大学が提供している通信講座のプロカレッジは、1年間で25万人の方が利用しています。

豊富な通信講座や質の高いカリキュラムで、産業能率大学プロカレッジは資格取得を徹底サポート。

産業能率大学プロカレッジでは、身近な行政・法律コンサルタントを目指す行政書士の通信講座も用意されています。

このページでは通信講座の選び方で迷っている方のために、産業能率大学プロカレッジの行政書士講座の内容や口コミ・評判を詳しくまとめてみました。

なお、産業能率大学プロカレッジとは別の資格スクールですが、クレアールが行政書士試験の「最速勉強法」ノウハウについて、市販の受験ノウハウ書籍を無料でプレゼントしています。

無料【0円】ですので、そちらもチェックしてみてください。

<クレアールに資料請求をすると、市販の書籍「非常識合格法」がもらえる【無料】

現在、クレアールの中小企業診断士通信講座に資料請求すると、市販の行政書士受験ノウハウ本無料でもらえます。

最新試験情報はもちろんのこと、難関資格の合格を確実にする「最速合格」ノウハウが満載です。

行政書士の受験ノウハウの書かれた市販の書籍が無料【0円】で貰えるのですから、応募しないと勿体ないですよね。

=>クレアール 行政書士試験攻略本(市販のノウハウ書籍)プレゼント付き資料請求はこちら

産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座のポイントをまとめてみた

受講料が55,780円と安い

専門学校や予備校に通学して行政書士の資格取得を目指すとなると、次のように高額な費用がかかります。

  • 入学金や入会金の目安は10,000円
  • 授業料の目安は100,000円~150,000円

「講師の授業を直接聞けるのは良いけど金銭的な負担が…」と戸惑う方は少なくありません。

一方で産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座は、受講料が55,780円と格安の料金なのが大きなメリットです。

受講料の55,780円を支払えば、「受講期間は10ヵ月」「在籍期間は12ヵ月」と徹底して行政書士の試験に合格するための勉強ができます。

完全な独学よりは費用が高いのですが、テキストの品質や添削などのサポートを加味すれば産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座はコスパが高いといえるでしょう。

大手資格スクールのTAC行政書士講座のテキストで勉強できる

産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座に申し込むと、次の教材やテキストが自宅に送られてきます。

  • 基本テキスト 6冊
  • 教材別過去問集 7冊
  • ミニテスト集 5冊
  • 肢別問題集 1冊
  • 試験六法 1冊
  • ライセンス・スクウェア
  • 総合答練 2回(自己採点)
  • 予想答練 2回(自己採点)
  • 公開模試 1回(自己採点)
  • 添削 5回

送られてくる基本テキストは、大手資格スクールのTAC行政書士講座の教材です。

TAC行政書士講座と全く一緒ではなく、トレーニングを強化した産業能力大学バージョンになっています。

このテキストは行政書士の試験制度に対応して無駄を省いていますので、産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座を利用すれば広範な学習範囲でも効率良く学習できるわけです。

アウトプットトレーニングを強化した教材構成になっている

産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座は、次の6つのカリキュラムで構成されています。

  • 憲法・基礎法学:「憲法総論」「基本的人権」「統治機構」「基礎法学」
  • 民法:「民法総則」「物権」「債権」「親族・相続」
  • 行政法:「行政組織法」「行政作用法」「行政救済法」「地方自治体」
  • 商法:「会社法」「商法総則・商行為」
  • 政治・経済・情報等:「情報通信・個人情報保護」「政治制度」「経済・財政」「国際機構」
  • 文章理解:「並べ替え問題等」「本文全体内容把握問題」

TACの教材を使っていますが、産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座はインプットした知識の理解を確実なものにするアウトプットトレーニングを強化した構成なのが特徴ですね。

豊富な問題を解いて実践力を養うアウトプット学習を念頭に置いていますので、より行政書士試験の合格に必要な知識が記憶に定着します。

5回の添削指導がついている

TACの行政書士の教材やテキストは市販されていますので、独学でも試験合格のための勉強ができます。

しかし、産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座は独学とは違い、5回の添削指導がついているのが魅力的です。

担当の講師による添削指導で行政書士試験の得点力を強化するのはもちろんのこと、励ましのコメントでモチベーションのアップにも繋がります。

わかりやすさ重視のテキストに加えて充実した添削指導は、産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座が受講生から高い評価を得ている何よりの理由です。

本試験スタイル形式の模擬試験が受けられる

産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座には、本試験スタイル形式の模擬試験もあります。

「基本テキストで知識をインプットする」⇒「問題集を解いてアウトプットする」⇒「模擬試験で実力を確認する」という流れの学習法が効果的です。

産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座の模擬試験の内訳は、「総合答練2回」「予想答練2回」「公開模試1回」になっています。

いずれも自己採点方式ですが、今の自分に行政書士試験合格のスキルがあるのか確かめる目的で取り組んでみてください。

スマホ対応の動画講義が付属しない点が残念!

ここまで見てきたとおり、産能大プロカレッジの通信講座は、机に向かって冊子のテキストで勉強するには、非常によい内容となっています。

一方で、最近主流になっている動画講義は、プロカレッジの通信講座には付属しません。

通勤電車やカフェなどで、スキマ時間を利用して勉強できるということで、現在、スマホ動画対応の通信講座は人気があります。

また、スマホ動画講義の通信講座のなかには、プロカレッジと同価格帯の5万円台から利用できるものもありますので、費用負担としては同程度と言えるでしょう。

プロカレッジは「テキスト中心で、集中して勉強したい」という方に向いた内容ですので、あなたはどちらのスタイルが合っているのか、考えてみてください。

産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座の口コミや評判はどう?

本当に産業能率大学プロカレッジの通信講座を利用し、行政書士の試験に合格できるのか気になるところですよね。

以下では、産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座の口コミや評判の情報を紹介していますので、利用する前に一度目を通しておきましょう。

産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座の良い口コミや評判

・産業能率大学プロカレッジの通信講座に含まれているテキストは、重要な箇所やポイントが非常にわかりやすい構成でした。サっと頭に入りやすいので、効率良く行政書士試験の勉強ができますよ。それに、添削者からの励ましのコメントもいただくことができますので、モチベーションのアップに役立ちました。

・昔ながらの雰囲気がありますが、利用者が多いだけあって産業能率大学プロカレッジの行政書士の通信講座は必要なことがしっかりとまとめられている印象です。無駄のないテキストで広範な学習範囲でも効率良く勉強できますので、このまま本番の試験でも合格できるように努力していきます。

・口コミの評判通り、産業能率大学プロカレッジの行政書士の通信講座は充実のボリュームでした。大手資格学校のTACのテキストに加えて、本試験スタイル形式の模擬試験(自己採点方式)もついてきます。問題演習も非常に多いので、行政書士の試験対策に産業能率大学プロカレッジはおすすめです。

・産業能率大学プロカレッジの行政書士の通信講座は、リーズナブルな受講料とサポート体制が魅力的でした。郵送での添削や質問を受け付けていますので、疑問点を解消しながら行政書士の試験勉強ができます。各条文をまとめた試験六法がついているのもGOODです!

・色々な通信講座がある中で、やっと自分に合っているものを見つけることができました。産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座は、初学者の私でも難なく取り組むことができます。中でも基本テキストや参考書のわかりやすさが良いですね。

産業能率大学プロカレッジの行政書士通信講座の悪い口コミや評判

・勘違いしていた私が悪いのですが、産業能率大学プロカレッジの行政書士の通信講座には講師による講義の動画がつきません。テキストや参考書を用いて勉強する形になりますので、独学と大きな違いがないような気がします。テキストは初学者でもわかりやすい内容になっているものの、講義付きの行政書士通信教育と比較してみると産業能率大学プロカレッジは微妙です。

・添削指導で丁寧に指導してくれるのは良いけど、答案返却までに大よそ3週間もかかってしまった。産業能率大学プロカレッジはもう少し迅速な対応ができないのだろうか…。リアルタイムでの学習とは言えないので、産業能率大学プロカレッジの通信講座の効果はどうなのと疑問です。

・産業能率大学プロカレッジは、限られた予算で行政書士の勉強をスタートできました。基本テキストや問題集を購入するとなると独学でもかなりの費用がかかりますので、産業能率大学プロカレッジの通信講座はリーズナブルです。ただ、公開模試は自己採点なので、記述式の採点で調整する相対評価の行政書士試験の対策としては不十分な気がしました。

まとめ

「講義動画よりもテキストを中心に使って行政書士の合格を目指したい」と考えている方には、産業能率大学プロカレッジの通信講座はおすすめです。

大手資格学校のTACの教材やボリュームのある問題集を使い、行政書士の試験合格を目指していきます。

ただし、前述のとおり、スマホ対応の動画講義が付属しませんので、その点を考慮して、あなたの勉強スタイルに合った最適な講座を選んで欲しいと思います。

<行政書士の通信講座 人気ランキング>

<その他の行政書士通信講座>