教材・講座の評判・口コミ

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ? 徹底比較!

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ?

こんにちは、トモです。

現在、行政書士の学習用教材では、スマートフォンで視聴できる動画講義に対応した通信講座の人気が、非常に高くなっています。

その中でも、「スタディング(旧 通勤講座)」と「フォーサイト」の2つは、その高い品質とコストパフォーマンスから、もっとも人気の高い講座です。

そのようなこともあり、当サイトのお問い合わせフォームから

「スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、どっちを選んだらよいのですか?」

という主旨の質問が、よく送られてきます。

そこで今回の記事では、行政書士の通信講座について、「スタディング(旧 通勤講座)」と「フォーサイト」を徹底比較した内容を、お伝えします。

トモ
トモ

今回、スタディングの「合格コース 基本+過去問+記述式セット」とフォーサイトの「バリューセット1」(基礎講座+過去問講座のセット)を比較しました。

これらのコースを選んだ理由は、どちらも、それぞれの講座で最も人気のコースであり、内容も一番近いものとなっているからです。

Contents

「スタディング(旧 通勤講座)」と「フォーサイト」の行政書士の通信講座、8個の項目で徹底比較した結果は?

今回、「スタディング(旧 通勤講座)」と「フォーサイト」の行政書士の通信講座を、以下の8個の項目で徹底比較しました。

(1)動画講義、(2)テキスト、(3)過去問題集、(4)延長サポート、(5)質問サポート、(6)学習サポート機能、(7)講座の実績、(8)合格お祝い金等を含めたトータル価格

その結果は・・・

スタディング
「合格コース 基本+過去問+記述式セット」
フォーサイト
「バリューセット1」
1)動画講義
2)テキスト ×
3)過去問題集
4)延長サポート ×
5)質問サポート ×
6)学習サポート機能 ×
7)講座の実績 ×
8)合格お祝い金を含めたトータル価格 ×

 

ズバリ、引き分けです。

結局、各論で点数をつけようとしても、甲乙つけがたい、というのが本音です。

ただし、実際に比較して分かったこともあります。

それは、比較すると異なるポイントも多い、ということ。

両者を比較することで、私が強く感じたことは、コンセプトの違いにより、それぞれの講座が力を入れているポイントが異なっている、ということです。

分析した結果、両者のコンセプトをまとめると

抜群のコストパフォーマンスを実現しつつ、合格のために必要な機能を徹底的に充実させた「スタディング」

スタディングより割高ではあるが、合格実績が高く、フルカラーテキスト(冊子版)の標準添付や質問対応にも力を入れた、フルスペック志向の「フォーサイト」

となります。

結論としては、どちらを選んでも間違いはないので、あなたが共感できるコンセプトの講座を選ぶべきでしょう。

=>「スタディング(旧 通勤講座)行政書士 通信講座」の無料お試しはこちら

 
=>「フォーサイト 行政書士 通信講座」の公式ページはこちら

以下、「スタディング(旧 通勤講座)」と「フォーサイト」の行政書士通信講座について、徹底比較を記載しますので、気になる方は、ぜひチェックしてください。

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ? その1:動画講義

講義動画の収録時間は、どちらも十分

まず、どちらの講座も売りにしているスマホ対応の動画講義の比較です。

スタディングの収録時間の合計は約70時間です。内訳は基本講座34時間、過去問解法講座22時間、記述式解法講座14時間

行政書士の通信講座としては、十分なボリュームです。

一方、フォーサイトの動画講義については、収録時間は公開されていません。

しかし、バリューセット1ではDVDが40枚ほど付属しますので、こちらも「講義時間が短い」ということはないでしょう。

なお、フォーサイトはDVD以外にeラーニングシステム「道場破り」から講義の配信ができますので、スマートフォンでの視聴に問題はありません。

2社とも専用のスタジオで動画講義を収録

スタディングとフォーサイト、どちらもPCやスマートフォンでの動画講義視聴を売りにしているだけあって、動画講義は専用のスタジオで撮り下ろされており、非常に見やすいです。

さらに、どちらの動画も、講師のバックにはテキスト内容や図表などを大画面で表示しているため、テレビの情報番組のように、講義を視聴するだけで内容が頭に入ってきます。

つまり、普通の授業のように、紙のテキストを見ながら講義を受ける必要はないのです。

そのため、満員電車のなかのような狭い空間でも、スマホを見ることさえできれば、すぐに講義を視聴することができます。

以上のとおり、動画講義においては両者甲乙つけがたく、引き分けといったところでしょう。

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ? その2:テキスト

スタディングには、フルカラーのオンラインテキストが付属

スタディングでは、動画講義の内容をベースに、補足や試験対策に役立つ情報などを加えたオンライン版テキストが付属します。

動画講義で学んだ後や問題練習した後、じっくり復習したい場合はテキストを見るのが便利です。 スマートフォン、タブレット端末等で、 いつでも参照することができます。

ただし、スタディングではテキストはオンラインのみの提供となります。印刷・製本された冊子はオプションとなっています。

フォーサイトには、冊子版のフルカラーテキストが付属

一方のフォーサイトには、冊子版のフルカラーテキストが付属します。

スタディングとフォーサイト、どちらのテキストも図表やイラストを多用し、見やすさには問題ありません。

ただし、標準添付なのはフォーサイトだけですので、テキスト関連では、フォーサイトが優れている、といえます。

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ? その3:過去問題集

スタディングの過去問題集・解法講座等は以下のとおり、かなり充実した内容となっています。

  • 過去問解法講座(動画講義):合計約22時間
  • セレクト過去問集
  • 12年分テーマ別過去問集
  • 記述式解法講座(動画講義):約14時間
  • 記述式対策問題集

一方、フォーサイトの過去問題集は、詳細内容は公開されていないものの、問題集9冊・DVD12枚と、こちらもボリュームでは負けていません。

過去問題集に関しては、両者引き分けといったところでしょう。

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ? その4:延長サポート

スタディング(旧 通勤講座)では、万が一、受験年度に不合格になってしまい、翌年再受験する場合には、再チャレンジ用の更新版が用意されています。

更新版の価格は、13,900円(税別)とリーズナブルに設定されています。この価格なら、翌年の費用的負担はかなり小さくて済むでしょう。

一方のフォーサイトには、残念ながら更新版などは用意されていません。

以上のように、受講の延長サポートにおいては、スタディングが優れている、といえます。

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ? その5:質問サポート

フォーサイトの行政書士通信講座では、無料のメール質問が10回可能です。

一方で、スタディングには、質問サポートはありません。

以上により、質問サポートについては、フォーサイトのほうがリードしています。

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ? その6:学習サポート機能

スタディングとフォーサイト、どちらも、eラーニング環境が用意されています。

両者のeラーニングに共通する機能としては、

  • 動画講義の視聴やテキストデータの閲覧
  • 学習計画や進捗管理(レポート)機能
  • ゲーム感覚の確認テスト

などがあります。

さらに、スタディングには、

  • 孤独になりがちな、通信教育で仲間を作る「勉強仲間機能」
  • 自分の不得意な問題に絞って対策できる「過去問/問題集 絞り込み機能」
  • かゆいところに手が届く「学習メモ」「横断検索」

など、オンライン専用の通信講座だけあって、独自の学習サポート機能が搭載されています。

以上のように、学習サポート機能においては、スタディングの方が優れている、といえるでしょう。

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ? その7:合格率

フォーサイト受講生の2018年度合格率は37.3%。全国平均合格率が12.7%ですから、フォーサイトは、なんと全国平均の2.94倍です。

一方、スタディングは合格率を発表していません。

スタディングのホームページでは、2018年度の「合格者の声」を41名分も掲載しており、少なくない合格者がいることは充分に推測できます。

ただし、どちらが優れているかと言えば、合格率を明示し、かつ非常に合格率の良いフォーサイトのほうが実績は大きい、と言えるでしょう。

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ?その8:トータル価格

ここでは、「教育訓練給付制度」や「合格お祝い金」を含めた、トータル価格を見ていきます。

フォーサイトは「教育訓練給付制度」の対象

フォーサイトの行政書士講座・バリューセット1は、教育訓練給付制度の対象講座です。

教育訓練給付制度では、一定の条件を満たした受講者に対し、ハローワークから支払った費用の2割が返還されます。

バリューセット1の価格は69,800円(税込)のため、条件を満たした場合、その2割の13,960円がキャッシュバック。

なお、スタディングの行政書士通信講座は、教育訓練給付制度の対象ではありません。

スタディングの「合格お祝い金」は1万円!

スタディング行政書士講座の受講年度に合格された方は、アンケートや合格体験談など一定の条件を満たした場合に、合格お祝い金1万円が進呈されます。

フォーサイトの場合は、合格者に対してamazonギフト2,000円分が進呈されます。

「教育訓練給付制度」や「合格お祝い金」を含めたトータル価格

最後に、トータルで必要となる費用(価格)です。

スタディング
「合格コース 基本+過去問+記述式セット」
フォーサイト
「バリューセット1」
標準価格 45,900円(税別) 69,800円(税込)
教育訓練給付制度 対象なし 一定の条件を充たした方に13,960円キャッシュバック。
合格お祝い金 1万円 2,000円分のamazonギフト
トータル費用(実質) 35,900円(税別) 53,840円(税込)

 

以上のように、トータルでかかる費用は、約1万5,000円ほど、スタディングのほうが安くなります。

スタディング(旧 通勤講座)とフォーサイト、【行政書士の通信講座】どっちがおすすめ? <まとめ>

ここまで、スタディングとフォーサイトの行政書士講座について、8つの項目にわたり徹底比較してきました。

スタディングとフォーサイト、どちらも「高品質なのに高いコストパフォーマンス」という点では同じですが、そのコンセプトの違いから、色々と異なるポイントが多いことが分かったと思います。

繰り返しになりますが、分析した結果、見えてきた両者のコンセプトは、次のとおりです。

抜群のコストパフォーマンスを実現しつつ、合格のために必要な機能を徹底的に充実させた「スタディング」

スタディングより割高ではあるが、合格実績が高く、フルカラーテキスト(冊子版)の標準添付や質問対応にも力を入れた、フルスペック志向の「フォーサイト」

どちらを選んでも間違いはありませんので、あなたが共感できるコンセプトの講座を選ぶべきでしょう。

それでは、スタディングが気になる方は、ぜひ公式サイトに行って、動画やテキストのサンプルをチェックしてみてくださいね。

=>「スタディング(旧 通勤講座)行政書士 通信講座」の無料お試しはこちら

「スタディング(旧 通勤講座)行政書士通信講座」の口コミ・評判のチェックは、以下の記事をどうぞ。

スタディング 行政書士講座
スタディング(旧 通勤講座)行政書士講座の評価・評判・口コミ ~良い点・悪い点を徹底分析!こんにちは、トモです。 スタディングの行政書士講座は、私が行政書士受験時に使用していた講座です。 従来の資格講座では、通学や...

 

なお、スタディングの全講座を対象に、夏の合格応援BIGキャンペーンとして、10%OFFクーポンを2019年8月31日(土)までプレゼント中です。

キャンペーンの詳細は、以下の記事をご覧ください。

スタディング 行政書士講座
スタディング(旧 通勤講座) 行政書士講座の価格・キャンペーン情報【随時更新】こんにちは、トモです。 この記事では、スタディング(旧 通勤講座)行政書士講座の価格やキャンペーン情報をまとめています。 も...

 

また、フォーサイトのほうが気になる方は、公式サイトにて、動画講義やテキストをチェックしてみてください。

=>「フォーサイト 行政書士 通信講座」の公式ページはこちら

 

「フォーサイト 行政書士通信講座」の口コミ・評判のチェックは、以下の記事をどうぞ。

フォーサイト行政書士講座
フォーサイトの行政書士 通信講座 評価・評判・口コミの良い点・悪い点を徹底分析!こんにちは、トモです。 今回は、通信教育会社のフォーサイトが提供する行政書士 通信講座について、お伝えします。 フォーサイト...